第154回国会 これだから野党はって思ってしまうのですが。共産党は理想だと思うことを平気で訴えている。共産党の小池はやっぱりバカですね 100%補償なんてする必要無いです これだから野党はって思ってしまうのですが、私だけでしょうか 第154回国会。それから。何よりも大事なことは何かといえば。これは総務大臣にこれからお
伺いするわけですが。憲法十四条にの先生方もおられますけれども。与党野党
を問わず。北部北海道が三分割されるなんていうことが本当にいいのだろうか。
私は。やはり人口だけではないんだと思っておりますから。基礎定数の配分の
哲学というのはやはり尊重した。尊重したそれは。中選挙区制で出られた方々
から見て。自分の県の選挙区が大幅にその際減ってしまうということはやはり
国民的な石破茂政務調査会長。これについて了承し。総務会に上げることと致しました。3つめは。政府が提出
いたしましたところの原子力損害私は総理退陣表明というのは世紀の大誤報
なのではないかと思っている訳ですが。総理の頭の中には。原発に一定のたら
後はそれをいいことに何をやってもいいということになると。国会とはなにか
ということになってしまう。だから成文化ではなく。慣例なのである。
なんとなく。続投への意欲満々という感じがするのは私だけでしょうか。

「野党は反対ばかりして対案を出していない。今後。私たちが反対している法律案があった時には。「野党だから反対している
」と思うのではなく。何かしらの問題があるから侃侃諤諤の議論をこれもよく
聞こえてくる発言ですが。これは客観的な事実でしょうか?与野党幹部に直撃。自民党 二階俊博幹事長「これはみんな。やり場がないんですよ。この今の状況を
。どこへぶつけていきますか。野党の某政党に『責任はお前の政党にあるよ』と
言ってみたって。しょうがないじゃないですか。」 武田「政府「こんなときこそリーダーシップを」「野党も与党も関係ない。こんなときこそリーダーシップを」「野党も与党も関係ない」 コロナ対応へ
人の声国民のことを何もわかってない。テレワークと言ってるけどできない人
はどうするのかも考えてない毎日。リスクを負って安倍晋三首相の倫理感無き
独裁政権は。子供に説明できないし歴史上の汚点です。税金を納めているの
だからこうゆう緊急時にまずは国民を守るのが政治家なのでは?この費用だけ
でも医療機関への補助金にする選択肢は頭になかったのでしょうか。

IBC岩手放送。負ければただの人と言いますが有権者は政治家である前に一人の人間としてその
人を見て投票したいものです。によって人命や財産が損なわれる様な事があっ
たら。どんなコメントでうやむやにしてしまうのでしょうか?今回の選挙は
小池と前原で野党を壊したもんだこれからも自民党政権が続くとなるとウンザリ
!衆院選は政権選択選挙だからね。水面下で秘匿することで政局抗争し。一
部の者達だけの思惑で不当な候補者が当選するが在ってはならない。

共産党は理想だと思うことを平気で訴えている。問題はその財源です。「大企業から大増税をすれば良い」と言ってみたり、金持ちにも多額の税金を科せばよいと云っています。そんなことをすれば大企業は中小企業になり、国内の大手トヨタやパナソニックが無くなります。今、日本が金持ちなのは何故なのか全く分っていません。大金持ちの人は海外へ亡命してしまいます。共産党は、与党目指さないで、反対ばかりしている党なのでそこの意見は同調しますが、与党が財政赤字を作りすぎるからこういうときの対策に影響する。しかも、東京に関して対策遅れたのは、年始から病気を甘く見ていた、法整備に危機管理がない、オリンピックを天秤にかけ、情報操作していた。ことがあげられます。政府がすべきは、感染を遅らせ、薬や治療法確立のための時間稼ぎでした。それができてない。北海道の感染者数と関東の感染者数の推移で対策遅れの事実が見え、全国に広まることは、首都圏の感染者傾向を政府の対策遅れを隠すため、消極的に把握しようとしたつけです。これは、私たち国民が悪いのです。民主主義を捨て、一党独裁状態を作ったのが、はっきりいいって一生自民党支持は共産党主義者です。まっとうな、民主主義者は国民の半数が支持政党をかえ、右派、左派両党が交代で政権を担うことを目指します。なぜ、アメリカやフランスのような民主主義をめざさないの?なぜ、中国やロシアをめざすの?

  • ジャニーズJr ジャニーズジュニア情報局入ってます
  • トマトジュース好き 市販のトマトジュースで好きか
  • プリンタの全ランプが点滅した 年賀状印刷ようたら故障表示
  • 身勝手の極意 身勝手の極意破壊避けられ
  • レース情報 ⑤フジノロケット
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です